スポンサード リンク

主婦が内職する背景

現在、正社員などの仕事をしている女性の多くが、結婚、出産を機に退職する傾向が強いのが日本の特徴といわれています。厚生労働省が行った調査では、第1子を出産する1年前に仕事を持っていた主婦のうち、出産の1年半後も同じ会社で働いている人は23%だといいます。退職した後、1年半後までに別の会社に再就職するのは13%です。高学歴である主婦の内職を含む再就職率は低いといわれています。実際に、企業の正社員採用は新卒者が中心となっており、主婦の希望する仕事に就くことは難しいようなのです。

では主婦が外に仕事を持たないで仕事をする手段が内職です。主婦が仕事をしている人の多くは在宅ワークと呼ばれるつまり、内職を自宅でしています。内職とは、雇用関係はなく請負契約を結んで業務をするということです。実際は賃金である報酬はそれほど高いわけではなく、おおよそ家計を助ける副収入的存在といってよいでしょう。よく耳にするSOHOとは少し質を異にしています。最近特に主婦の仕事として内職の需要が伸びているといいます。内職を探した方が、外に働きに行くよりも早く仕事がみつかるかもしれません。

不景気のおり、夫の収入が減ってしまう傾向があって、主婦も仕事をしなければいけないという傾向になっているからなのです。そういったときに内職は、主婦に大変人気の高い副業であるのです。つまり自宅で仕事ができるのですから、例えば小さなお子さんがいる主婦でも安心して行うことができるのです。これが一番の人気の要因であるでしょう。この内職の種類は様々なものがあり、例えばデータ入力するものや、名刺や顧客リストをエクセルで入力したり、出版物をワードに入力するなのものがあります。パソコンを使いこなせる若い世代の主婦の仕事として人気です。
| 日記

怪しい内職商法

主婦などに大変人気の内職には多くの危険性が含まれているのも事実です。内職商法に気をつけましょう。実際にそのものには何の危険性もありません。普通に仕事をして、家計の足しにしていたり、お小遣いを稼いでいる人も多くいるはずです。しかしながら、残念なことに、斡旋する業者に悪質な内職商法業者が非常に多く存在するもの事実なのです。斡旋を利用したこのような悪徳でお金を稼ぐ手法を内職商法と言います。斡旋の悪徳内職商法業者とそうではない業者を見分ける方法はあります。

例えば、ネットで色々と探していると見えてくることがあります。この仕事内容、良いと思ったら、まず、疑ってみましょう。異様に高い報酬であるものがあります。収入コーナーにての収入実態について掲載していることが多くありますが、収入はレディー系以外は本当に少ないのです。時給換算にすると平均200円から300円位です。それなのに、時給1000円とか2000円とかはまず怪しい内職商法でしょう。そして、内職商法は、なぜか費用が発生するものです。お金を稼げるはずなのに、逆になぜか登録料とかなんとかいって、お金を払わなければならない場合があります。やれば元が取れますと悪徳業者は言います。

お金が必要な場合はまず内職商法と思ったほうがいいでしょう。さらにこの資格を取らないと仕事はきませんといって、無理やり聞いた事無いような資格をとらせる業者もあるそうです。必要な資格を取るには費用がかかるというのです。具体的には教材費であったり、講習会費用であったり、ソフトウエアやビデオにお金がかかるのです。しかし探している人はどうしても仕事を得たくなり、ついついこれを購入してしまい内職商法にひっかかります。資格を取るためには、多少の出金が必要になるのは仕方のないことではありますが、限界があります。普通、資格が必要などということはありませんし、登録料をとることもありません。
| 日記

内職募集を探すには

主婦の間で大変人気の内職ですが、内職募集を探す方法は大きく分けて4つあるといえるでしょう。まず、自治体や公的団体に斡旋してもらう方法、次に広告やタウンページから問い合わせる方法、そして電柱やチラシから問い合わせる方法、最後に実際にしている人から紹介してもらうという方法です。実際のところ、内職募集を見つけるのは至難の業です。最もお薦めなのが、自治体に斡旋してもらう方法です。これは意外と知られていない方法なのですが、あなたが住んでいる区役所、市役所、村役場などではその斡旋、または募集をしているコーナーもあるはずです。知っている人も多いような気がしますので、最初はちょっと言い出すのが恥ずかしかしいかもしれませんが、良い仕事探しのためと思って勇気を出してみましょう。

区役所などの他にも紹介してくれるところがあります。それは、ハローワーク斡旋所などです。但し、実際のところはハローワークで斡旋をしてくれるところは少ないようです。広告やチラシなどの内職募集を見かけますが、悪徳業者がはびこっている世界ですから、見分ける眼力は必要でしょう。しかし美味く見つければ、穴場的な仕事がある場合もあります。内職募集記事で特に登録料が最初にかかると記載されているようなものは注意して下さい。

知り合いに紹介してもらうのが安全で信頼できる方法ですが回りに実際にしている人は割りと少ないようです。厚生労働省の家内労働者の実態調査という資料の中には委託者に家内労働者、つまり内職の募集方法を聞いている項目があります。そして、委託者に聞いた家内労働者の募集方法として、家内労働者を介する 、従業員を介する、チラシや貼紙、公共機関を介する方法が上位4つだそうです。
| 日記

在宅しながら出来る内職

在宅内職とは、家に居ながら仕事をして、収入を得ることができるシステムのことをいいます。これには、アルバイトのような仕事も含まれますので、チラシ配りのように屋外に出ていてもそうと呼んでいるようです。これは在宅の仕事ではありません。在宅で内職するということは、会社に通勤する仕事とは違って、通勤時間もかからないわけですし、本当に自分のペースで、好きな時間に与えられた作業をすることができるのです。在宅というのは、つまり家でやりますから、仕事をしながら、テレビを見たり音楽を聴きながら、または近所の人と話をしながらでもいいでしょう。在宅で内職をしている人によっては、近所の人や家族に手伝わせたりしながらしている人もいるようです。なかなか外に出られないことの多い主婦や身体障碍者が働くチャンスとも成りえます。同じ仕事を片付けるのに、自分の方法でまた、ペースで決められた日までに決められた量の仕事を終わらせていれば良いというわけです。

特に主婦にとっては、在宅の内職は家事の合間に時間があれば、また子供たちが学校にいる間にできますから、家計の助けになったりお小遣い稼ぎにもなるのです。ですから、このような方がこのような仕事に興味を持ち、常に探しているといった人も多いようです。報酬はというと、通常は普通に外に出てのアルバイトよりもかなり安めでないでしょうか。

在宅の内職の内容は種類によって大きく違うのですが、時給200〜600円くらいだといわれています。かなり鮮やかな手つきで作業をこなしていても自給に直せばほんの2、300円くらいではないでしょうか。在宅の内職なのに求人広告で月収100万円などというのはたいへん胡散臭いものであるでしょう。
| 日記

ネット内職は主婦に人気

主婦もしくはスキルを持っている人に大変人気の仕事の中にネット内職というものがあります。このネット内職とはどういったものでしょうか。ネット内職というのは造語でありますが、ネットでお小遣い系とか言われているものです。ただ、家の中でやっていればお金が稼げるので、内職と区分けしてもいいでしょう。

ネット内職とは、実際どのような仕事をすればいいのでしょうか。細かく分ければ6つに分ける事ができるでしょう。まず、メール受信系のネット内職です。これは 企業の広告メールを受け取ると収入がもらえるというものです。送られてくるメールには企業の広告が掲載されており、広告主であるその広告を掲載している企業は、メール受信系サイトに広告費を払っています。

メール受信系サイトは広告メールを受け取る代わりに、広告費の一部をお金という形でキャッシュバックしているので無料でお金がもらえるのです。さらにHPに広告系ですが、これは自分のホームページに広告を貼って収入を得るものでアフィリエイトといわれています。そして、ゲーム・サイト訪問系では、ゲームをしたり、サイトに訪問したりして収入をもらうものです。そして懸賞系ですが、懸賞のネット版です。

最後に、アンケートモニター系といわれているものですが、 企業のアンケートやモニターにネット上やメールで答えると謝礼が貰えるというものです。このようにネット内職といっても数々あり、現在種類も増加中といっていいでしょう。これらのネット内職の共通点は全て無料で誰とも会うことなく、家中で出来て、パソコン上で完結するというものなのです。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。