スポンサード リンク

主婦が内職する背景

現在、正社員などの仕事をしている女性の多くが、結婚、出産を機に退職する傾向が強いのが日本の特徴といわれています。厚生労働省が行った調査では、第1子を出産する1年前に仕事を持っていた主婦のうち、出産の1年半後も同じ会社で働いている人は23%だといいます。退職した後、1年半後までに別の会社に再就職するのは13%です。高学歴である主婦の内職を含む再就職率は低いといわれています。実際に、企業の正社員採用は新卒者が中心となっており、主婦の希望する仕事に就くことは難しいようなのです。

では主婦が外に仕事を持たないで仕事をする手段が内職です。主婦が仕事をしている人の多くは在宅ワークと呼ばれるつまり、内職を自宅でしています。内職とは、雇用関係はなく請負契約を結んで業務をするということです。実際は賃金である報酬はそれほど高いわけではなく、おおよそ家計を助ける副収入的存在といってよいでしょう。よく耳にするSOHOとは少し質を異にしています。最近特に主婦の仕事として内職の需要が伸びているといいます。内職を探した方が、外に働きに行くよりも早く仕事がみつかるかもしれません。

不景気のおり、夫の収入が減ってしまう傾向があって、主婦も仕事をしなければいけないという傾向になっているからなのです。そういったときに内職は、主婦に大変人気の高い副業であるのです。つまり自宅で仕事ができるのですから、例えば小さなお子さんがいる主婦でも安心して行うことができるのです。これが一番の人気の要因であるでしょう。この内職の種類は様々なものがあり、例えばデータ入力するものや、名刺や顧客リストをエクセルで入力したり、出版物をワードに入力するなのものがあります。パソコンを使いこなせる若い世代の主婦の仕事として人気です。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。